ホームへ戻る
【応用編@】
バラのキャンドルの
   作り方
バラのキャンドル
蜜ろうを温め、粘土状にします。
薄く花びらを作って
バラのキャンドルを作りましょう。
【用意する道具】

色づけけする場合は、
片手なべが入る大きさのなべ
片手なべ(湯せん用)又は 空き缶
@ ドライヤーの熱風をあてて、蜜ろうをやわらかくします。
   (又は、蜜ろうを耐熱容器に入れて、電子レンジで加熱します。)


  蜜ろうに色を付けて作ることも出来ます♪
  その場合は、お鍋で湯せん(又は直火)して
   蜜ろうを完全に溶かしておき、

  食用色素やクレヨンを削ったものを
   一緒に入れて色づけします。
  
(クレヨンは1色あたり3削りくらいが目安です。)

   色づけが終わったら、ある程度手で触れる温度に
   なるまで少し待ってくださいネ。
   熱いうちに手でこねると、火傷してしまいます。

 
A 蜜ろうが手でこねられる温度とやわらかさになったら、
  手でこねて、うすく指でのばして花びら型を作ります。
  キャンドルの芯を用意して、芯に作った花びらを巻きつけていきます。
  花びらは内側を小さく、外側にいくにつれて大きく作っていくと
  上手く出来ます♪

  
花びらは作りおきしないで、作ったものから巻きつけてください。
  うすい花びらは置いておくと固まって、芯に巻き付けにくくなります。
ロマンチックなバラのキャンドル
色づけする時は
完全に溶かして・・・
色づけしない時は
ドライヤーで温めます。
B 花びらでバラの花が出来たら、水平な場所に置いてみて
  すわりが良いように形を整えたら出来上がり♪
   別に台をつけたり、お皿を作ったりしても素敵ですよ♪



   使用する蜜ろうは「チップ状」でも
   シート状でもOKです♪

結婚式などにピッタリの
バラのキャンドル。
淡いブルーのお花を作れば
「サムシングブルー」
ハニーキャンドルは
「幸せを運んでくる」と
言われています♪
芯だけが燃えるのを防ぐため、
芯の先に蜜ロウを少しつけて
芯だけが燃えるのを防ぎましょう。
作るときのポイント