履歴

広島県厚生連 吉田総合病院外科 漆原 貴


昭和59年 久留米大学医学部卒業  
       広島大学第2外科入局

平成5年  広島大学医学部大学院卒業:膵臓移植における保存液の研究

平成6年  JA尾道総合病院に勤務

平成11年  第9回吊り上げ法手術手技研究会を尾道で開催

平成14年4月から広島県厚生連 吉田総合病院の外科部長として勤務

鏡視下手術の経験は10年間で
胆嚢摘出術 500例、大腸切除術 150例、胃切除術 120例
鼠径ヘルニア修復術180例、食道裂孔ヘルニア修復術9例

腹壁瘢痕ヘルニア6例、MCTを含む肝切除16例、腎臓、副腎摘出15例,
虫垂切除15例、甲状腺切除16例、ブラを含む肺切除20例
脾臓摘出術3例、乳腺切除術3例など合計約1000例を執刀。 



日本外科学会「指導医 専門医 認定医
日本消化器科学会 指導医 専門医 認定医
日本内視鏡外科学会評議員